読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいらい生活!

生活にBest Likeを! 家電や生活用品、マンガなど、おすすめを何でも紹介!

『僕だけがいない街』9巻のマンガレビュー

この記事では、マンガ、『僕だけがいない街』9巻のレビューを書いていきます!

ネタバレ無しでのレビューなので、まだ読んでない方でも大丈夫だと思います(・∀・)

 

 

9巻は、悟を取り巻く周囲の人物視点の物語

 

僕だけがいない街そのものは8巻で完結で

9巻は外伝的な位置づけになります

 

雛月 加代、小林 賢也、藤沼 佐知子、片桐 愛梨

この4人の視点で、8巻までの舞台裏というか

 

それぞれの4人の視点で、事件の裏でそれぞれの思いが語られます

 

なんというか、9巻を読むと

8巻までをもう一度読み返さずにはいられなくなりましたね!

 

 

 

4人の視点で事件の裏側、悟が意識不明の間の話が描かれる

 

雛月 加代視点の話

 

悟が意識不明になってからの話が、雛月 加代視点で描かれてます

雛月の話って、本編だと目が覚めてからはあんまり描かれて無かったんで

 

この間の話は確かに気になってたんですよね

 

気になってたぶん、読むのは余計にきつい話ではありましたが(´・ω・)

 

 

雛月加代

<僕だけがいない街 9巻より>

 

 

雛月が、悟が意識不明になってからどういう行動をしていたのか

どう思っていたのか

 

雛月視点で描かれる話が、8巻までの悟と結びついていきます

もう、この雛月の話の時点で8巻までを読み返したくなりましたorz

 

雛月の話が切なすぎてもう・・・(´;ω;`)

 

 

 

小林 賢也 視点での話

 

賢也の話は、雛月の事件の時に賢也が思っていたことや

悟が意識不明になってから、賢也が弁護士になるまでの話が描かれています

 

 

賢也は雛月を助ける時に、色々わかっている風だったのが気になってましたが

その時の賢也の考えや、行動理由が明らかになる感じですね!

 

賢也

<僕だけがいない街 9巻より>

 

 

賢也の人間っぽさというか、あの時、悟に協力していた理由がわかって

悟が賢也に与えた影響の大きさがわかるようになってます

 

賢也の話なんですが、読んだら悟が尋常じゃなく格好いい男に見えてきました笑

 

8巻までを描いてる時に、作者にはこの話がもう頭にあったんだろうなーと思うと

僕だけがいない街が余計に面白いマンガに感じましたね!

 

 

 

藤沼 佐知子視点での話

 

母視点で、雛月を救った時の話が描かれてます

全て日記と出来事を一緒に描く形になってて

 

 

藤沼 佐知子視点での悟

<僕だけがいない街 9巻より> 

 

母として悟に想っていた事が描かれています

 

8巻までのエピソードでもかーちゃんつええ!感はありましたが

母の偉大さが描かれた9巻になってましたね~

 

この辺でもう、とにかく8巻までを読み返したい状態に笑

 

 

片桐 愛梨の話

 

これはもう、何書いてもネタバレにしかならないんで

何も書けません!\(^o^)/

 

ただもう、そう繋げるか・・・!としか

 

 

まとめ

  • 8巻までのエピソードが、各キャラ視点で描かれている!
  • もう一度マンガを読み返したくなること間違い無し!

 

 

 

 

電子書籍のeBookJapanについては↓から


 

関連記事