らいらい生活!

生活にBest Likeを! 家電や生活用品、マンガなど、おすすめを何でも紹介!

小学生、子供が経済学を学べる絵本『レモンをお金にかえる法』

この記事では、小学生といった子供でも、わかりやすく経済学を学べる

『レモンをお金にかえる法』というおすすめの絵本を紹介します!

 

新装版 レモンをお金にかえる法

 

身近な話から、わかりやすく経済を学べる!

 

あらすじ

表紙に載っている女の子が、家にあるレモンを使って

レモネードを作り、それを売ってお金にする話が絵本として描かれています

 

絵がメインで、簡単な説明がひらがなやルビいりで説明されています

 

話の流れで需要、供給、価格といったものがわかる!

 

この本の面白いところは、内容としては女の子が家にあるレモンをどうにかしてお金にしたいって考えるだけの話なんですが

その中に経済学にまつわる重要な事柄が散りばめられています

 

例えば、この女の子はレモン単体では物として売れないので

レモン、水、砂糖だけで作れる、レモネードを作って販売します

 

この時、レモン、水、砂糖にかかる費用が原価になること

それを踏まえて価格を決めないといけないこと

さらには、需要がどれくらいあるかで価格は変わる事

 

このあたりの説明が、絵本の中でシンプルかつわかりやすく描かれています

 

60円で売ろうとしたら高すぎると言われて値下げするなど

話としてもシンプルなんですが、よくよく考えると需要と供給の問題なんですよね

 

 

価格競争といった事も描かれている

 

f:id:review2017:20170427102124j:plain

 <レモンをお金にかえる法より>

 

この本では、価格競争といった

ものの値段が下がる流れも描かれています(・∀・)

 

レモネードを売って、結構もうかっていた女の子の近くで

同じくレモネードを売る男の子が出現し

 

お客さんが流れるのを防ぐため価格を下げます

経済学的には供給過多による価格の低下を、ストーリーとしてわかりやすく描かれていて

 

その後、夏が終わってレモネードに対する需要が低下する流れなど

 

 

レモンからお金を得るまでの話がシンプルかつわかりやすく描かれていています

 

絵本からお金の流れが理解できる! 

物の値段って、普段は高いとか安いとかくらいまでしか考えず

何故この値段なのか、なんて理由までなかなか考えません

 

子供のうちから、こういった社会の根本となっている経済の基礎を知る上ではかなり良い本だと思います!

 

初めてのおつかいしかり、経済って小さい子でも関わる部分だし

社会の根幹でもあるので、こういった絵本でも興味を持った子が学べるといいと思います

 

 

小学生でも経済を知りつつある!

 

ちょっとした余談にはなりますが

私の小学校の時のクラスでは、『独自通貨』に該当しそうなものが流通してました

 

当時はシャーペンが流行りだした頃で、それに伴うシャー芯がクラス内で価値を持っていました

例えば「シャー芯1本で掃除当番変わって!」、「シャー芯3本でその下敷き頂戴!」などなど

 

今思い起こせばシャー芯が通貨として動いていたんですよね

 

まぁ本物の通貨と決定的に違う、政府による通貨の保証が無いので

先生によってこの取引が禁止され、崩壊しましたが笑 

 

 

私の友人にこの話をした時、そういえば自分のクラスでは牛乳キャップが通貨の変わりなっていたと言っていたり

以外とこの、クラス内で独自通貨が生まれる現象はあったのかもしれません

 

小学生に経済学というと、まだ早いというか、不似合いなイメージがありますが

小学生でもお金の価値や意味には理解し始めてるきだしてるし、大人の真似して独自通貨が生まれるくらいには経済学を理解しはじめてるんですよね

 

そういう意味でも、経済にちょっとでも興味を持った小学生には読んで欲しい本だと思います!

 

 

 

新装版 レモンをお金にかえる法
ルイズ・アームストロング
河出書房新社
売り上げランキング: 41,048